採寸方法はカーテンレールと窓の大きさによって異なる

カーテンの採寸方法はカーテンレールと窓の大きさによって異なる

カーテンを正確に採寸することは、快適な部屋環境を実現するために非常に重要です。採寸方法は、カーテンレールの種類や窓の大きさによって異なります。まずカーテンレールの種類について考えてみましょう。 一般的なカーテンレールの種類にはシングルトラック、ダブルトラック、カフェカーテン用のロッドなどがあります。
カーテンレールの種類に応じて採寸方法が変わります。シングルトラックの場合、まず窓の幅を測定します。窓の左から右までの幅を測り、その寸法を記録します。次にカーテンが開閉する方向を考え、カーテンが開いたときに全体を覆うように余分な生地を計算するのです。これにはカーテンがどれくらい突き出るかも含まれます。
ダブルトラックの場合、同様に幅を測定しますが2つのトラックが必要なので、それぞれのトラックの幅を計算し、適切な余分な生地を考慮に入れます。カフェカーテン用のロッドの場合、通常は上部に取り付けられるため、窓の高さを測定します。カフェカーテンは通常、窓の上部の一部を覆うため、窓の高さに適切な余分な長さを追加します。
カーテンの長さを測定する際にも注意が必要です。一般的に、カーテンは床から数インチまたはセンチメートル浮かせて取り付けることが推奨されます。これによりカーテンが床に引っかかることなく、より美しく見えます。
カーテンの採寸は窓の大きさやカーテンレールの種類に合わせて行う必要があります。正確な採寸を行うことで、カーテンを完璧にフィットさせ、部屋の雰囲気や機能性を向上させることができます。採寸を行う際には、慎重に計測し、必要な余分な生地を考慮に入れることを忘れずに行いましょう。

重曹を使ってカーテンに発生したカビを落とす

カーテンはカビが発生しやすく、なかなか落とせないと悩む人も少なくありません。
しかし、実はカーテンのカビは重曹を使って簡単に落とすことができますので、覚えておくと便利です。用意するのは酸素系漂白剤と重曹であり、酸素系漂白剤だけでは落とせなかったカビも重曹を混ぜることで解決できます。重曹と酸素系漂白剤、ぬるま湯を1:1:1の割合で混ぜてペースト状にしておき、カビが発生している部分に塗って一時間ほど放置します。
その後、しっかりとペーストをふき取った後に洗濯機か手洗いで洗濯をしますが、手洗いする場合には手に付着しないように手袋を用意することが大切です。
洗い終えたら軽めに脱水して、カーテンレールに取り付けて自然乾燥させます。手順はこれだけでとても簡単ですので、カビに悩んでいる時には一度試してみることをお勧めします。これでも落ちなければ、塩素系漂白剤を使って落とす方法もあり、最初は小さい範囲で試してから広範囲に使用するのが安心です。

カーテン 通販に関する情報サイト
カラフルドレープスタイル

このサイトでは、日々の生活を豊かにするために欠かせないアイテムであるカーテンに関してよくある疑問を詳しく解説しています。これまでなんとなく選んでいた人も、このサイトを見ることで基本的な知識が身に付いてピッタリのものを選べるようになるかもしれません。他にも、レールと窓の大きさによって採寸方法が異なることや、代表的な種類が6種類あることも解説しています。これを読めば、売り場に出向いた時の見方も変わります。

Search