生活を豊かするためには欠かせないアイテム!カーテンのよくある疑問を詳しく解説

生活を豊かにするための欠かせないアイテムと言われるカーテンですが、よくある疑問として何のために二重にするのかというものがありますが、二重にカーテンをすると間に空間が出来て空気の移動が緩やかになります。その結果、夏は太陽の熱が届きにくくなって冷気が逃げるのを防ぎます。寿命に関する疑問を持たれる方も多いのですが、一般的には4~5年ほどとされており、素材や住環境によっても異なるので色褪せや生地の劣化具合を見て判断することが大切です。

カーテンの役割とは単純に光を遮るだけではない

カーテンは光を遮る役割で使うもの、というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。しかし実際のところはカーテンは、ただ単に光を遮る以上の役割も担っていることがよくあります。
例えば防音の効果が得られることもあり、外から入ってくる騒音を緩和できることもあるのが特徴です。特に遮音効果のある特殊な加工を施したカーテンは、音が伝わりにくいので近隣の音が気になる際に利用すると快適に室内で過ごせるようになることがあります。
それから遮熱や保温の効果も、カーテンで得られることが少なくありません。西日で室温が高くなりがちな部屋であっても、遮熱効果のあるものをかけていれば温度上昇を抑えることがあります。冬場には窓ガラスから失われがちな熱を逃がしにくくすることができるので、室内の暖房効果を高めて節電に役立つでしょう。
また外からの視線を遮る効果もあり、近隣からの視線が気になる場合には窓を覆うことでプライバシーを守れます。

カーテンの寿命はどのくらいなのか

一般的にカーテンの寿命は4年から5年とされています。年に1回から2回程度の洗濯をする場合の目安となっており、もっと頻繁に洗濯をすると劣化も早くなります。
それだけでなく、材質や日差しの当たり方、紫外線の強さによっても変わりますし、取り扱いの仕方でも差が出ますので、それぞれの環境や条件で変わることを覚えておかなければなりません。
寿命を迎えたカーテンは機能が低下しており、遮光性も失われて暖かい空気や涼しい空気が逃げやすくなります。温度調節が上手くいかなくなってきたら替え時であり、物理的に穴が開いたり破れている箇所があればそれも寿命と言えます。
できるだけ長持ちさせるには、洗濯の頻度を減らすことが重要です。清潔に保ちたい場合でも、洗い過ぎは良くありません。適切な頻度は年に1~2回とされており、湿度が低い頃が良いタイミングです。定期的にお手入れをすることも重要であり、埃がたまっていたら払うだけでも機能低下を防げます。

カーテンを少しでも長く使うためにはどのような手入れをするべき?

カーテンは家のインテリアにおいて重要な役割を果たしており、その美しさや機能性を保つためには定期的な手入れが必要です。カーテンを少しでも長く使うためには、以下の手入れ方法を実践することが大切です。カーテンを定期的に振ることから始めます。
これによって埃やほこりを取り除き、清潔さを保つことができます。特にペットを飼っている場合は、毛やファーも注意深く取り除く必要があります。振るだけでなく掃除機のノズルを使ってカーテンを軽く吸引することもおすすめです。
カーテンの生地によっては水洗いが可能なものもあります。取り扱いの注意書きを確認し、水洗いができる場合は定期的に洗濯を行いましょう。
洗濯機で洗う際には、優しい洗濯モードと中性洗剤を使用し、生地の繊維を傷つけないように注意してください。洗濯後は、しわを伸ばして干すか、アイロンをかけてシワを取りましょう。
日光や湿度からカーテンを守ることも重要です。長時間直射日光にさらされると、カーテンの色褪せや劣化が進みます。カーテンを保護するために、ブラインドやシェードを併用するか、窓際にUVカットフィルムを貼ることを考えてみてください。
湿度による影響も考慮し湿度が高い場所ではエアコンや除湿機を使用して湿度をコントロールしましょう。
カーテンレールやフックなどの金具も定期的にチェックし、必要に応じて清掃や交換を行いましょう。金具の劣化がカーテンにダメージを与えることがありますので、適切なメンテナンスが必要です。
カーテンは家の雰囲気を大きく左右する重要なアイテムです。定期的な手入れと注意を払うことで、美しさと機能性を保ちつつ、カーテンを長く使い続けることができます。

既製品とはサイズの決まっているカーテンのこと

カーテン選びは窓に合わせてするものですが、サイズを含めて選ぶとなると、選ぶのに迷うことがあるのではないでしょうか。サイズが合わないカーテンは、全体を覆うことができなかったり、長すぎ床に引きずるなどして使いにくいものです。
長さを採寸するにも正しい方法か自信が持てず、購入したカーテンが微妙に合わないこともあります。そんな悩みを解決してくれるのが既製品のカーテン。カーテンの既製品はサイズが決まっているので、窓のサイズに合わせて選ぶだけで済みます。窓が規格サイズのものなら、幅・丈共に間違って選び後悔する恐れがなくなります。
変形した形状や特注で造られている場合は、既製品のカーテンではなくオーダーが必要です。賃貸住宅や規格に適合する窓を完備する住宅なら、既製品で最適なサイズのカーテンを選べます。窓のサイズが規格内か規格外か確かめ、選ぶカーテンの種類を知ることが、サイズ選びを失敗しないための基礎知識になるのではないでしょうか。

カーテンを取り付けるだけで防音することができる?

住宅が密集している地域、道路沿いに住んでいる人は騒音対策をしたい人がほとんどです。 寝室やリビングなどは遮音性、防音性の高いカーテンを選ぶと良いでしょう。 インターネット通販の専門店、ホームセンター、大型ショッピングセンターなどで購入できます。 寒い時期は厚手の素材の生地を選んでおくことで、保温性、遮音性を高めることが可能です。 無地の商品は定着した人気がありますが北欧風やアジアン風、アメリカン風などの豊富な柄やデザインの商品が揃っています。 カーテンは面積が広いため、お部屋の模様替えをしたい人は内装やインテリアと調和するデザインを選びましょう。 繰り返し洗濯を繰り返しても、生地が毛羽立ちにくい素材が販売されています。 寝室やリビングに遮音性の高いカーテンを設置することで、ゆっくりとくつろぐことができます。 ストレス社会になっているため、騒音を防ぐ対策をすることで快適な暮らしができるのが嬉しいです。 お値段は高めでも高級感のある商品を選びましょう。

冬寒い部屋でもカーテンを取り付けることで温度を維持することができる

カーテンには外の冷気から部屋を守る働きがあります。そのため冬寒い部屋でも保温機能が期待できるカーテンを取り付けることで部屋の中の温度を維持することができます。外の冷気は目に見えないですが、実は色々な部分から部屋の中に進入してきます。カーテンを取り付けることで大部分の冷気をシャットアウトできますが、窓の上部や両サイド、窓の下部から冷たい空気は入ってきます。上部はそこまで対策する必要はないですが、完璧にシャットアウトしたい場合はカーテンレール部分に隙間ができないように布をかぶせるのがお勧めです。安価で手に入る緩衝材のようなアイテムで隙間を埋めるのもあります。両サイドは隙間ができないようにクリップで留めたり、厚手のカーテンにして窓とのスペースを減らすのが良いです。一番厄介なのは下部から入ってくる冷気です。冷たい空気は下に入り込むので、下部は絶対に隙間を作りたくないです。長めのカーテンで空間を作らないようにしたり、追加で間仕切りのようなものを設置するのもありです。

リビングにカーテンをつける場合には壁や床の色を考慮して探すとよい

リビングルームには、どのような色のカーテンを選ぶべきか悩む人もいるのではないでしょうか。リビングルームのカーテンを選ぶときには、理想のイメージになるように壁や床と調和するものにすると気に入る部屋を作れる可能性があるのでおすすめです。一般的にインテリアカラーは基調色が7割で従属色が2.5割、そして残りの0.5割をワンポイントにするとバランスが良くなると言われています。カーテンを選ぶときには窓の大きさと、壁や床の面積を考えて基調色や従属色の割合に納まるようにするとお洒落なインテリアを目指すことができるはずです。バランスを考えた場合によく選ばれるカーテンにはベージュやブラウンがありますが、これは床と調和することが多いです。落ち着いた印象で安心感の演出にも役立つことがあります。それから壁が白の場合、カーテンは白やグレーが選ばれることが少なくありません。白は空間が広く感じられるのも魅力で、グレーは上品なイメージになります。

取り付けるカーテンの柄によって部屋の雰囲気がまったく異なる場合もある

部屋の雰囲気に合わせてカーテンを選びたいけれど、どれが良いか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。カーテンには無地のものと模様が入っているものがありますが、模様の種類や柄の大きさによって部屋のイメージは大きく変わるので理想の雰囲気になるようなものを選ぶのがおすすめです。特に花柄のカーテンは柄の大きさやその色によってゴージャスでクラシックな雰囲気になったり、カジュアルで可愛らしい印象になったりします。一般的に小花模様なら可愛らしいイメージになることが多いほか、大きなエレガントなデザインの柄なら高級感があり重厚なイメージになることが多いです。チェック模様のカーテンは、どちらかというと明るくカジュアルな印象で子どもの部屋にも人気があります。水玉模様も、可愛らしく明るい部屋を演出することができることが多い柄です。細かな水玉ならさり気なくキュートですが、大振りの水玉模様だと大胆な印象になるのが特徴です。

カーテンを生地の素材で選ぶ場合は生活スタイルに合わせて使いやすいものを選ぶ

カーテンは種類ごとに異なる特徴を持ち、色や柄、厚さによっても違いが出ます。生活スタイルに合わせて選べば暮らしをより快適にしてくれますので、それぞれの生活に合わせて選ぶことが大切です。女性の一人暮らしには部屋の灯りを漏らさない遮光カーテンや、外から見えにくいミラーレースカーテンが最適です。部屋の掃除やお手入れをする時間をなかなか確保できないケースでは、清潔感をキープしやすい防汚機能が備わっていて耐久性にも優れているタイプが向いています。電気代を節約したい時に取り付けたいのは遮光カーテンであり、日中に睡眠を取ることのある人には完全遮光カーテンがベストです。少しでも日差しを通すと安眠を妨げられますが、完全遮光なら真っ暗な部屋をつくれます。ストレスが溜まっている時にはリラックスできるような色柄のものを選び、疲労感や孤独を和らげたい時に最適なのは天然素材のカーテンです。家の中の音を漏らさないことを重視する場合には防音性の高いカーテンにします。

カーテン 通販に関する情報サイト
カラフルドレープスタイル

このサイトでは、日々の生活を豊かにするために欠かせないアイテムであるカーテンに関してよくある疑問を詳しく解説しています。これまでなんとなく選んでいた人も、このサイトを見ることで基本的な知識が身に付いてピッタリのものを選べるようになるかもしれません。他にも、レールと窓の大きさによって採寸方法が異なることや、代表的な種類が6種類あることも解説しています。これを読めば、売り場に出向いた時の見方も変わります。

Search